食料品 久保田酒店

日本酒は人と人をつなぐお酒。その橋渡し役であり続けたい。

鯖江の玄関口で大正3年から続く久保田酒店では、さまざまな種類のお酒の中でも、特に福井や新潟を中心とした地酒が充実しています。料理のお好みやお酒を飲むシーンなどしっかりとヒアリングした上で、お客様にとって最適な一本をチョイス。真剣に日本酒と向き合い、最高の状態で最高の味をお届けします。
IMG_9729 久保田酒店 02

日本酒は、日本そのものを語り継ぐもの。

店主 久保田 裕之

久保田酒店

この町に降り立つ人と旅立つ人を、この場所で見守り続けて1世紀が経ちました。

創業は大正3年(1914年)ですから、もう100年以上鯖江の玄関口でこの土地の歴史を見つめてきたわけですね。当時は繊維産業が盛んで、旅館、料亭との取引も盛んで、繊維工場の女工さんたちの需要もあったようです。その後昭和の歴史と共にビール、ウィスキー、焼酎等の酒類と日本酒は栄華盛衰を繰り返しますが、平成に入るあたりから地酒文化が見直されてきました。その頃から久保田酒店も大きく日本酒に事業転換を図りました。日本酒とは、酔うためだけのアルコールではなく、米づくり~きれいな水~豊かな自然と人、田園が生み出す日本の文化であると考えたのです。

久保田酒店

日本酒を扱う酒店の役割は、日本酒を造る日本の自然、文化、技術、そして人の想いを伝承すること。

こんなことがありました。女性のお客さまがこられて「父が生きているうちにどうしても飲ませたい銘柄のお酒があるのですが、売っていますか?」とおっしゃるのです。人気のお酒でしかも限定品なので現物はなく、でも懸命に探しました。やっと見つかった一本を差し上げると本当に喜んでいただいて。

普段は何気なく買っていただいているお酒ですが、その背景にはいろんな人の想いがあるのだなと実感しました。「おいしかったよ」とか「また頼むね」といった言葉の奥には様々なドラマがあるんですね。ますますしっかり日本酒と向き合わないと、と思った出来事でしたね。

久保田酒店 久保田さん

日本にいるなら日本酒を飲まないと。そして存分に楽しんでいただきたいのです。

どの銘柄がいいですか?と聞かれます。そんな時はこう尋ねます。どこで飲まれるか、料理の好みは、ワインは好きか、お仕事は、どんな宴会なのか。その人や、その周りの人においしく味わっていただきたいからです。
日本酒は人と人をつなげるお酒。人と日本文化を結ぶためのもの。そしてここの地酒は福井そのもの。大好きな鯖江の町でこれからも真剣に日本酒と向き合い、お客様だけの一本を探し続けていきます。

久保田酒店 03-1

インタビュー動画はこちら -> YouTube

 

お店の自慢

久保田酒店3
久保田酒店2 久保田酒店1

通い徳利

大正3年創業の当店には、昔使われていたものが今も残っています。その代表的なものが「通い徳利」です。昭和のはじめ頃までは樽から量ったお酒を通い徳利に詰めて売り、酒がなくなるとまたお客様がこの徳利を持ってお酒を買いに来られました。徳利には酒屋の名前が書かれており、当時のお客様と酒屋との密接な関係をうかがい知ることができます。この他にも当時の帳簿なども残っており、歴史好きな方にも楽しんでいただけると思います。

最高な状態を保つ氷温貯蔵庫

当店では蔵出しされた日本酒をお客様にお渡しするまで良い状態を保つために3つの温度帯の貯蔵庫があります。特に繊細な大吟醸や生酒は氷温(-2℃)で管理をしています。ご自宅での最適な管理方法などもお伝えしておりますので、お気軽にご相談ください。

メダカが泳ぐひょうたん池

店の軒下では鯖江で生まれ育ったメダカをご覧いただくことができ、お子様にも人気です。日本酒は米があってこそ生まれるもの。酒米の稲が育つひょうたん池は里山の原風景を表現しており、自然の恵みの大切さを伝えたいという思いが込められています。

 

オススメ品

・酒蔵直送の季節限定酒

久保田酒店 01

店舗情報

店舗名 久保田酒店 営業時間 9:00~20:00
住所 〒916-0025
福井県鯖江市旭町1丁目1-4
定休日 日曜日
連休・7月・12月は無休
TEL 0778-51-0252 URL -
facebook facebook
FAX 0778-53-1640 駐車場 4台

店長のイチオシ紹介!

エルザスコーヒー

丁寧に焙煎されたコーヒー豆は15種類ほどあり楽しめる。手づくりの欧風焼き菓子も美味で、コーヒーを入れてもらって楽しむもよし。贈り物にするもよし。若いご夫婦との会話もあたたかみがあって嬉しい。