飲食店 勇寿し

福井の美味しさを存分に味わうことができる老舗の寿司店

大正13年から続く勇寿しは、大阪「勇鮨」の暖簾分けから誕生したお店。現在3代目のご主人がにこやかな笑顔でお客様のご要望を伺いながら、新鮮な魚を一番美味しい方法で調理しています。勇寿しが大切にしているのは「地元の安心・安全な魚をご提供すること。」県外からわざわざ来られるお客様も多数いらっしゃいます。
IMG_9929 勇寿司 03

叱られて、褒められてわかる、おいしさへのブレイクスルー。

店主 佐々木 孝
isamizushi
1924年(大正13年)創業、私で3代目になります。90年以上も店をやっていますと、私の知らないエピソードはいろいろあったのでしょうね。小さい子からお年寄りまで、様々な年代がこの店と関わっていってくれたのだと思います。そのうちの誰だかが、「鯖江に勇寿しがあってよかった」と言ってくれればうれしいですね。
ちょっとひねくれた言い方かも知れませんが、寿し屋なんてなくてもいいのです。お寿し食べなくても人は死にませんからね(笑)。でもね、だからこそ寿し屋やっている意義があるんじゃないでしょうか。

 

必要とされているうちはがんばらないと!

こんなことがあったんです。15年前いらっしゃったお客さんで、市外に宿泊の方でした。取引先の方に「おいしい魚を食べさせるみせはないの?」って聞いたそうです。そうしたら間髪いれず「勇寿しがいいよ」と教えてくれて来店されたと。となり街からですよ。そういう風に言われている以上は「なくてもいい店」じゃないんだ、必要とされているうちはがんばらないと!と思うようになりました。

勇寿司 02 - コピー

旬が詰まっているといわれたい。

勇寿しの魚には、味だけじゃない、旬が詰まっていると言われたい。もちろん、蟹や魚のいいのが入る福井県でよかったということもあります。
そうして味に対する責任がどんどん深くなっていきます。たとえば蟹も、茹でる際の塩加減次第でしょっぱくもなり薄味にもなる。ですから、蟹も店で茹でるようになりました。

こんなお褒めもいただきました。

わざわざ勇寿しに来てよかった、今まで食べてきた蟹ってなんだったんだろうと。嬉しかったですね。だけど、さらにプレッシャーを感じた事も確かです。
体調によって味が狂ってはいけないので、味の数値化にも挑んでいます。これからも、味に対しての真摯で謙虚な態度でおいしい魚と寿しを提供していきます。

勇寿司 01 - コピー

お店の自慢

勇寿司3
勇寿司2 勇寿司1

正真正銘の越前がに

越前町漁業協同組合から「越前町で水揚げされた正真正銘の越前がにを使うお店」として認定を受けている当店では、かに漁が解禁された時期は特に賑わいます。越前がにを使ったコースはお造りや焼き物が充実したコースや茹でたてのせいこがに・ずわいがに、焼きがに、かにのしゃぶしゃぶなど盛りだくさんの「かに三昧コース」など、冬の日本海を堪能いただける内容となっています。
※コースは要予約(お一人様 8,500円~15,000円)。

地元でとれた鮮魚

越前・若狭を中心に日本海側の天然物をご提供しています。カニをはじめ、天然ぶり(11~1月)や地元でも希少な茨藻海老(いばらもえび 10~5月)、岩牡蠣などをぜひお楽しみください。お米は大野市の契約農家から、卵は有機飼料で育てた岐阜県のものを使用しています。

お客様満足へのこだわり

お造りや寿しはもちろん、揚げ物、焼き物、蒸し物など充実しています。お客様のご要望に合わせてメニューにないものを作らせていただくことも。季節の日本酒はいろいろな銘柄を少しずつ飲み比べられるよう、お一人の場合、5勺からお楽しみいただけます。

店舗情報

店舗名 勇寿し 営業時間 12:00~13:30(1月~3月は事前にご連絡ください。)
17:30~22:30
住所 〒916-0053
福井県鯖江市日の出町5-24
定休日 月曜日(祝日は営業)
TEL 0778-51-0452 URL http://www.osushi.jp
FAX 0778-51-0433 駐車場 6台

店長のイチオシ紹介!

きもの和ぎゃらりー 染匠 西むら

ショーウインドーが素晴らしい